読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MathMLとアクセシビリティAPI

数式のアクセシビリティには様々な切り口が考えられますが、ここではMathMLとアクセシビリティAPIについて見てみます。

アクセシビリティAPIを使ったアプローチは大きく2つあります。アクセシビリティAPIに数式を表現するための仕組みを設ける方法と、既存のアクセシビリティAPIの中でなんとかする方法です。

数式用アクセシビリティAPI

アクセシビリティAPIに数式を表現するための仕組みを設け、ブラウザーはその仕組みにそって数式を表現し、支援技術はその仕組みから情報を得るというアプローチです。正攻法と言えるアプローチです。

OS XiOSアクセシビリティAPIには数式用のRolesやPropertiesがあります。SafariはこのアクセシビリティAPIに対応しており、VoiceOverを使ったMathMLの読み上げなどが行えます。iOS 7には数式をNemeth点字アメリカ合衆国で一般的な数式用の点字)で出力するオプションもあるようです(が、私は点字が読めないため、ちゃんと機能しているのか不明です)。

このアプローチのメリットは、アプリケーションが数式用のAccessiblity APIに対応すれば、内部的に数式をどう扱っていようとも、支援技術は追加の対応なしに数式をサポートできる、ということです。

最近、FirefoxOS X版ではこのアクセシビリティAPIへの対応を進めています。

OS XiOSではブラウザー・アプリケーションのサポートが進めば、支援技術から数式を理解しやすくなるでしょう。

非数式用アクセシビリティAPI

他のプラットフォームではアクセシビリティAPIに数式用のオブジェクトがない場合がほとんどです。ですが、アクセシビリティAPIのオブジェクトは要素型や属性の情報を含めることができます。そのため、支援技術がアクセシビリティAPIのオブジェクトから要素型や属性の情報を取り出して、MathMLとして処理し、ユーザーに情報を伝えるアプローチも考えられます。

NVDAのJames Teh氏は、数式を処理するライブラリはMathMLを受け付けるようにできているので、ブラウザーはMathMLの情報をそのまま支援技術にわたすよう、MozillaのBugzillaでコメントしています(916419 – Expose MathML as a hierarchical accessible tree)。

また、彼はプロトタイプも作成しているようです。

このアプローチではアプリケーションと支援技術の双方がMathMLに対応する必要があります。今現在、支援技術が数式に対応するには、何らかの処理を追加する必要があるでしょう。その際、MathMLに対応しておけば大丈夫という状況になれば、このアプローチは有効なのですが…。